丁寧すぎる!Coincheckの対応やセキュリティーに安心感。


中の下おやじ改め、下の下おやじ、50歳。
そんな下の下おやじは、仮想通貨のリップルコイン購入のために、「Coincheck」に登録した。
この類のものに登録しようかな?
と思っても、なかなか登録に踏み切れない理由として、大きく2つの理由があるような気がする。

まず1つ目。
登録に手間がかかりそう。
登録するのに、いったいどれくらいの時間がかかるんだろう?
なにかわからない手続きがあるのかな?
知らない言葉が出てきたら、調べるのも面倒だしな・・
といった感じだろうか・・。

実は、下の下おやじも、いつもそう思っているからである。
「Coincheck」の登録
こちらは解決済みである。
下の下がキャプチャー付きで説明をしたが、本当に簡単である。

次に2つ目。
個人情報って、大丈夫なの?
セキュリティー面は万全?
クレジット情報が漏れる心配はないの?

これまた、下の下おやじが、いつもそんな不安を感じている。
セキュリティー面が万全じゃないと、特にクレジット情報を入力する場合は、とても気になるところである。

そんな心配は、「Coincheck」に無用ということが分かった。
Coincheckは、サイトへログインするたびに、メールが送られてくるのである。
こんな内容のメールである。

■Coincheckからのお知らせ
coincheckにログインしました。

メールアドレス:xxxxxxxx@gmai.com
IPアドレス:cc.xx.yy.zzz
万が一このログインに覚えがない場合は、お問い合わせよりご連絡下さい。
————————————–

ログインのたびに送られてくるのである。
うっとおしいと感じる人もいるかもかもしれないが、とても安心である。

また、今回「Coincheck」へ登録をして、登録完了(ハガキ到着)までんもメールの配信数にも驚いた。

1通目。
「本人確認書類の確認が完了したので簡易書留を郵送します」メール。
本人確認書類の確認が完了したので簡易書留にてハガキを発送します。
到着まで2~4営業日ほど要しますので到着次第お受け取りください。

というメールが送られてくる。

2通目
「【Coincheck】ハガキを発送しました」メール。
〇〇 〇〇 様

本日、ご登録の住所の確認のため簡易書留にてハガキを発送しました。
1~2日程で届く見込みです。お受け取りをお願いいたします。

■お問い合わせ番号
123456789xxx
配達状況の確認は日本郵便ウェブサイトにてご確認いただけます。

■簡易書留での郵送ハガキについて
到着のご連絡は不要です。郵便局の郵便追跡システムにより到着が確認されます。
郵便物の差出人は、Coincheckを運営する「コインチェック株式会社」です。
ご不在の場合は、通常、不在票が投函されます。
不在票からの再配達の場合は、郵便局に配達日・時間帯の指定ができます。
法令に基づく本人確認の手続きとして、「転送不要」の「簡易書留」で郵送しています。そのため、別住所への郵送・転送はできません。

■郵便受取後のお手続きの流れ
簡易書留によるハガキの受取りを弊社で確認いたしましたら、メールでのご連絡をいたします。

ご不明の点などございましたら、カスタマーサポートまでお問い合わせください。


3通目
「【Coincheck】ハガキがもうすぐ配達されます」メール。
〇〇 〇〇 様

簡易書留にてお送りしたハガキは、現在お近くの配送局に到着しております。
(天候や交通状況により、または、離島の場合などに、到着が遅れることもございます。)
すでにお手元に届いている場合、特にご連絡は不要です。

■お問い合わせ番号
123456789xxx
配達状況の確認、再配達の依頼は日本郵便ウェブサイトにてご確認いただけます。

※本メールは、直近営業日の配送状況に基づきお送りしております。
すでに受取済みの場合は、何卒ご容赦ください。

■簡易書留での郵送ハガキについて
到着のご連絡は不要です。郵便局の郵便追跡システムにより到着が確認されます。
郵便物の差出人は、Coincheckを運営する「コインチェック株式会社」です。
ご不在の場合は、通常、不在票が投函されます。
不在票からの再配達の場合は、郵便局に配達日・時間帯の指定ができます。
法令に基づく本人確認の手続きとして、簡易書留・転送不要で郵送しています。そのため、別住所への転送・郵送はできません。

■郵便受取後のお手続きの流れ
簡易書留による郵送書類の受取りを弊社で確認いたしましたら、メールでのご連絡をいたします。
メールでのご連絡後、Coincheckサービスのご利用を開始いただけます。

ご不明の点がございましたら、カスタマーサポートまでお問い合わせください。


4通目
「【Coincheck】ハガキをお受け取りください」メール。
〇〇 〇〇 様

簡易書留にてお送りしたハガキは、もう間もなく到着するか、不在票が届けられています。
すでにお手元に届いている場合、特にご連絡は不要です。

■お問い合わせ番号
123456789xxx
配達状況の確認、再配達依頼は日本郵便ウェブサイトにてご確認いただけます。

※本メールは、直近営業日の配送状況に基づきお送りしております。
すでに受取済みの場合は、何卒ご容赦ください。

■簡易書留での郵送ハガキについて
到着のご連絡は不要です。郵便局の郵便追跡システムにより到着が確認されます。
郵便物の差出人は、Coincheckを運営する「コインチェック株式会社」です。
ご不在の場合は、通常、不在票が投函されます。
不在票からの再配達の場合は、郵便局に配達日・時間帯の指定ができます。
法令に基づく本人確認の手続きとして、簡易書留・転送不要で郵送しています。そのため、別住所への転送・郵送はできません。

■郵便受取後のお手続きの流れ
簡易書留による郵送書類の受取りを弊社で確認いたしましたら、メールでのご連絡をいたします。
メールでのご連絡後、Coincheckサービスのご利用を開始いただけます。

ご不明の点がございましたら、カスタマーサポートまでお問い合わせください。


5通目
「【Coincheck】ハガキの到着を確認しました」メール。
〇〇 〇〇 様

本人確認用ハガキの受け取りを確認いたしました。
これで、全ての本人確認が完了となります。

【本人確認完了後のご利用につきまして】
アプリ起動(WEBよりサービスログイン)後、「日本円の入金」から入金していただくことでコインの購入が可能となります。
※ご入金時の振込人名義に関しましては、マネーロンダリング防止のため「ご本人名義」に限ります。異なる名義でのご入金は、法令上お受けすることができません。ご理解のほど、何卒宜しくお願いいたします。
※入金の反映は、翌営業日までかかる場合がございます。

ご不明な点などございましたら、お気軽にカスタマーサポートまでご連絡ください。


なんと登録から5通もメールが届いたのには驚いた。
でもって、ハガキ到着後に、本登録などと言った手間のかかることは全くありませんでした。

あとは、購入したい仮想通貨を購入するだけです。

【Coincheck】
安心で簡単である。

登録約3分!「Coincheck」登録方法はコチラ。

中の下おやじ改め、下の下おやじ、50歳。
そんな下の下おやじは、最近話題の仮想通貨にとても興味をもちはじめた。

なぜ興味を持ち始めたのかといえば・・

急激な価格高騰により、ビットコインを購入した人が数千万円、数億円と莫大な利益を得ているという情報を得たからである。
そう。
あわよくば、下の下もほんのちょっとでいいから、仮想通貨で一攫千金ができれば・・

もし仮想通貨購入で一獲千金出来たとしたら・・
愛妻と日本全国を旅行したり・・
回っていないお寿司屋さんに行ったり・・
アイスはハーゲンダッツを買ったり!

おっと、妄想の世界に入り込んでしまいました。

一攫千金の夢が叶った時の下の下の夢は、ちょっとショボいものだらけですが、仮想通貨の購入は、まだまだ一攫千金の夢があるものだと思います。

そんな下の下が狙う仮想通貨は、「リップル」である。

一番の理由は、下の下でも買えそうな金額だからである。
2017年12月7日 9時現在で1リップルはおよそ26円
これなら買えそうである。

Michael Arrington氏は2017年11月28日に、リップルと密な関係を持つ仮想通貨であるXRP建ての新しいヘッジファンドの設立を発表しました。

リップル社は、SWELL1日目にビル&メリンダ・ゲイツ財団(ビルゲイツ財団)との提携を発表している。

ビットライセンスの設計に携わったBen Lawsky氏がリップル社の役員に迎えられた。

どうです?
なんとなく良さげなかんじでしょ?
下の下には何のことだかよくわかりませんが、期待できそうな理由としてネットに書かれています。

とにかく、リップルを購入してみる
行動に移さなければ、下の下は死ぬまで下の下。
良くて中の下に戻る程度。
であれば、上の下あたりまで行きたいのである。

行動内容は2つ。
① 「Coincheck」へ登録する。
リップルを簡単に購入できるようにするために、仮想通貨を取り扱っているところへの登録が必要なのである。
証券会社へ口座を作るのと同じようなイメージである。
人気が高くて、一番良さげだったので「Coincheck」へ登録することにする。

② リップルを1万円分購入する。
下の下は貧乏である。
100万円分リップルを買えればいいのだけれど・・そんなお金はどこを探しても見つからない。
まあ、持っていないのだから探しても見つかるわけがない。
10万円分リップルを買う。
そう。
10万円もどこを探しても見当たらない。
1万円。
妥当である。
一攫千金には程遠い資本金であるが、初めてのこと。
0円になっても、なんとかあきらめがつく。

この2つの行動をしたら、あとはリップルの価格変動をニヤニヤしながら毎日確認するだけである。

さて、ダラダラと文章を書いてきたが、下の下は「Coincheck」に登録をしたので、その登録方法を画面キャプチャー付きで紹介したいと思います。

あらかじめ用意しておきましょう~の品物。

■ 契約する人を証明する書類の画像ファイル(裏と表、私の場合は運転免許証で行いました。)
■ 証明する書類と一緒に写った写真ファイル(IDセルフィーというみたいです。)
(※ ファイルは、png形式もしくはjpg形式で、合計30MB以下です)


パソコンで登録する人か、パソコンに、スマホで登録する人はスマホにあらかじめ画像を保存しておきましょうね。

準備が整ったら、登録です。

① 「Coincheck」のサイトへ。
② 「本人確認書類を提出する」をクリック。


③ 電話番号認証を行います。
セキュリティー面で安心できますよね。
電話番号を入力して、「SMSを送信する」をクリックすると、入力した電話番号の電話に、認証コードが送られてきます。 ④ 送られてきた認証コードを入力して、「認証する」をクリックします。
⑤ サービス利用における、各種重要事項の承諾
手続きにあたり、契約の承諾事項がいっぱいあります。
すみません。
3分で登録できると言っていましたが、この「各種重要事項」8項目全てを確認すると、数十分から数時間かかります。
全て読まないと納得がいかない人は、読破しましょうね。
私はサッっと目を通した程度です。
納得出来たら、「本人確認書類を提出する」をクリックします。
⑥ 本人確認の書類を提出します。
1.種別:「個人」か「法人」かを選択します。
私は個人ですから、以降個人契約の登録方法になります。
法人の方は、その後登録がどう変わるかは分かりません。
同じなのか、一部違うのか・・
ゴメンなさい。
2.氏名(フルネーム):登録者の名前をフルネームで入力します。
3.カネ氏名:登録者の名前の読みをカタカナで入力します。
4.性別:「男」、「女」の二種類です。選択してください。
5.生年月日:誕生日を入力します。例)1967-09-27 そうです。毎年家族から忘れ去られている下の下のお誕生日です。
6.居住国:住んでいる国を選択します。
下の下は日本在住ですから、海外在住の方は、その後登録がどう変わるかは分かりません。
度々申し訳なく思います。
7.郵便番号:郵便番号を入力します。ハイフン無しの7桁ですね。
8.ご自宅住所:本人確認書類と同じものを都道府県から入力します。
9.ビル・マンション名等:ビルやマンションに住んでいる人は、ここに住所の続きを入力します。
そうでない人は、未入力でOKです。
10.ご職業:職業を選択します。
11.主なご利用目的:利用目的を選択します。

12.IDセルフィー:証明する書類と一緒にあなた本人が写った写真ファイルをアップします。
下の下!IDセルフィーがなんのことだかわからなくて、ここにも免許証の画像をアップしたところ、後日メールで不具合がありますよ~って来ちゃいました。
ちょっと恥ずかしいですが、下の下は免許証私
IDセルフィーは、証明する書類と一緒にあなた本人が写った写真です。
下の下の場合、本人証明書類は免許証ですから、免許を持った自分の写真ということになります。
写りに納得がいかず、数十回撮り直しをしたことは言うまでもありません。
「ファイルを選択する」をクリックして、証明する書類と一緒にあなた本人が写った写真ファイルを選択します。
「カメラを起動」をクリックして、パソコン内蔵カメラやスマホのカメラから撮影してもOKです。
13.表面:証明する書類の表面です。
下の下の場合、免許証の表面ですね。
「ファイルを選択する」をクリックして、証明する書類の表面ファイルを選択します。
「カメラを起動」をクリックして、パソコン内蔵カメラやスマホのカメラから証明する書類を撮影してもOKです。
14.裏面:証明する書類の裏面です。
下の下の場合、免許証の裏面ですね。
「ファイルを選択する」をクリックして、証明する書類の裏面ファイルを選択します。
「カメラを起動」をクリックして、パソコン内蔵カメラやスマホのカメラから証明する書類を撮影してもOKです。
15.外国PEPs(外国政府等において重要な地位を占める方、過去にその地位にあった方、またはその家族)に該当しますか?:外国PEPsに該当するかどうかです。

外国PEPsって
・外国の元首
・我が国における内閣総理大臣その他の国務大臣および副大臣に相当する職
・我が国における衆議院議長、衆議院副議長、参議院議長または参議院副議長に相当する職
・我が国における最高裁判所の裁判官に相当する職
・我が国における特命全権大使、特命全権公使、特派大使、政府代表又は全権委員に相当する職
・我が国における統合幕僚長、統合幕僚副長、陸上幕僚長、陸上幕僚副長、海上幕僚長、海上幕僚副長、航空幕僚長または航空幕僚副長に相当する職
・中央銀行の役員
・予算について国会の議決を経、または承認を受けなければならない法人の役員
・過去上記に該当したことがある人。
・上記に該当する人の家族
・これら全てを実質的支配している法人


該当しなければ、「□ 該当しない」にチェックします。

「本人確認書類を提出する」をクリックします。

申請はこれで終了です。
ホームをクリックすると、登録直後は、下記画面のように、「本人確認書類の提出をしていない場合」の欄に〇がついています。
数日後。
下の下の場合、翌日でしたか・・
本人の確認書類OKで、ハガキを郵送した旨のメールが届きます。
そこで、もう一度「coincheck」のサイトを見てみると・・
「本人確認書類の提出が完了して、郵便を受け取っていない場合」の欄に〇がついています。
あとは、ハガキをじっと待ちます。

Coincheck」へ登録すると、リップルだけではなく、様々な仮想通貨を購入することができます。
下の下のように、一攫千金を夢見てはいかがでしょう?
くれぐれも自己責任でね。

bitcoin(ビットコイン)?なんだそれ!

いつ訪れたんだろう?
いつのまにやら50歳になってしまった、中の下おやじ改め、下の下のおやじ。

最近CMでも紹介されている、bitcoin(ビットコイン)なるものがあり、とてつもなく儲けている人がいるということを知った。
「仮想通貨」というやつである。

下の下50歳。
何事においても、興味を持つことが取り柄である。
しかしながら、興味を持ったものに対する知識がいつでも薄っぺらである。
よし。
今回は、詳しく調べてみよう!
と思い、さっそくネットで調べることにした。

bitcoin(ビットコイン)とは。

ビットコインシステムはピア・トゥー・ピア型のネットワークにより運営され、トランザクションは仲介者なしでユーザ間で直接に行われる。

(※ ウィキペディアより)

なるほど・・。
で?

このトランザクションはネットワークに参加しているノードによって検証され、ブロックチェーンと呼ばれる公開分散元帳に記録されていく。トランザクションでは通貨単位としてビットコイン (BTC) が使用される。

(※ ウィキペディアより)

フムフム・・。
で?

このシステムは中央格納サーバや単一の管理者を置かずに運営されるので、米国財務省はビットコインを分散化された仮想通貨というカテゴリーに分類している。ビットコインは最初の暗号通貨とも言われるが、DigiCashやRippleといった先行システムが存在し、それを最初の分散化されたデジタル通貨として説明するのがより正確である。

(※ ウィキペディアより)

なるほど。
・・・
と言いたいところであるが・・
??????????????????
下の下おやじの頭は、こんな感じである。

下の下おやじ50歳。
理解能力が衰えていることさえも忘れている。

というわけで、友人からbitcoin(ビットコイン)について、私にもわかるように浅く説明してもらった。

下の下のように、bitcoin(ビットコイン)を知らない人、そして、理解能力が衰えている人に少しだけ浅い説明をします。

bitcoin(ビットコイン)とは、新しいお金。
でも、現金?現ナマ?は存在しないのである。
日本は「円」。
アメリカは「ドル」。
EUは「ユーロ」。
そして、ネット上の通貨として、「bitcoin(ビットコイン)」というものが誕生したということである。
他にもネット上で使える仮想通貨はたくさん存在するが、bitcoin(ビットコイン)に関していえば、その価値が上がりすぎて話題になった仮想通貨である。

円高や円安なんて言葉がある。
「1ドル130円から円高が進み1ドル120円に。」
手元に13万円あったとします。
1ドル130円の時に、全部ドルに換えると、13万円÷130円で1000ドル手元に。

数日後、円高が進み、1ドル140円に。

1000ドルを今度は円に換えると・・
1000ドル×140円で、14万円に。

1万円得します。

FXというやつですよね。

これは、仮想通貨のbitcoin(ビットコイン)でも同じです。
ただ、違ったのはbitcoin(ビットコイン)の値上がりの仕方が半端ではなかったという点です。

bitcoin(ビットコイン)は始まった2009/01/03の終値は、値がつかず0円。
2009/10/05にやっと値が付き、 終値が日本円で約0.07円でした。
そして、2017年12月1日、本日の終値の価格はなんと、1,213,323 円
実に、約17,333,185倍に化けてしまったわけなんです。

もし・・
もしですよ・・
もし2009/10/05に10万円分bitcoin(ビットコイン)を購入していたとしたら・・
100000円×17,333,185=1,733,318,500,000円
えっと・・1兆7333億1850万円ですか?

ありえないと思うかもしれませんが、bitcoin(ビットコイン)で数億円稼いだ人が、実際にたくさんいるんです。

夢のような話ですよね。

今からでも遅くはない!
下の下もbitcoin(ビットコイン)を購入・・
・・
1bitcoin(ビットコイン)が1,213,323 円・・

ありません。
そんなお金。

はい!
終了~!

 

 

 

 

 

と思っていました。

ところが、仮想通貨って、なにもbitcoin(ビットコイン)だけじゃないんです。
今気になっている仮想通貨が、「リップル」

気になる価格。
2017年12月1日、今現在、1リップルあたり27.9円
約28円です。

買える!!
下の下にも買える!!

下の下は、行動力があまりない方である。
がしかし、これはちょっと期待をしてしまっている。

考えすぎても手が出ない!
調べすいても手が出せない!
ここは薄っぺらな知識の状態の方が購入しやすい!

早速購入できるように「Coincheck」という、いわゆる取引をしてくれる会社に登録をしてみた。

その様子は、また後程。

たまご専門店 TAMAGOYA カフェ レストランの営業時間

49歳。
新たな人生が過ぎ去り、また違う人生を歩き始めた、中の下おやじ改め、下の下のおやじ。
そんな下の下のおやじの甥っ子が、名古屋から静岡に彼女を連れて泊まりに来た。
出しゃばりおじさんは、二人の時間を無視し、行動を共に。
一緒に、伊豆ぐらんぱる公園ではしゃぎ、翌日には富士サファリパークでともに歓喜!
甥っ子曰く、国道136号線にある、「たまご専門店 TAMAGOYA カフェ レストラン」のブリュレパンケーキが食べたいとのこと。


承知!!
二日目の15:00頃行く予定でした。
しかし、二日目は、富士サファリパークではしゃぎすぎたせいで、TAMAGOYAについたのは、17:00頃でした。
すると、入口に「本日の営業が終了しました」の看板が・・・

え~~~~!!!!!
ここ何時まで??

たまご専門店 TAMAGOYA カフェ レストランへ行こうと思っている方。
気を付けてください。あせあせ (飛び散る汗)
たまご専門店 TAMAGOYA カフェ レストランのカフェタイムは、15:00~16:30です。
17:00頃のこのこやってきても食べることができません。

たまご専門店 TAMAGOYA カフェ レストランのブリュレパンケーキを楽しみにしていた甥っ子とその彼女。

連れまわした挙句、目的を果たせず帰宅させる羽目になってしまった。
ほんとうに申し訳ないことをした。
ごめんね~。

バナナスリムを使ってみた。

49歳。
新たな人生を活動中。
そんな中の下おやじ改め、下の下のおやじ。
そんな下の下のおやじは、バナナスリムなる入浴時間を利用したお風呂でダイエット用品にはまっている。
これだ。



サイトを覗いてみてもらえばわかるが、入浴前に「バナナスリム」なる発汗作用のあるスーツのようなものを着用するのである。
そして、バナナスリムを着用したまま、浴槽へザブーーン。
水圧で、体にピタッツっとくっつくバナナスリム。
時期に、体がポカポカ。
そして、体がカッカしてくるのである。
汗がダクダクと流れ始める。
まるで体の老廃物が全て流れるような感覚さえ感じる。

この画像見るとわかるように、黄色くてかわいらしい衣類である。
このモデルさんは、若くて可愛いく、とても似合っている。

49歳。
中年。
そんなおやじにも着る権利は許されている。
妻も最初は顔と体型に似合わぬバナナスリム着用の私の姿を笑っていたが、私に体重の変化が見えたとたん、もう一着購入することに。
私が使用しているバナナスリムを貸してあげると言っているのに、頑なに拒否する愛妻。
実に残念である。
今では、バナナスリム着用の中年男性と、中年女性が、仲良くお風呂につかる光景が発生している。バナナスリム。
その実力は本物である。