名言1

45歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの、会社の社長の数ある名言を書いていく。

「社員が仲良くなる必要なんて全くない!仕事をこなせばいいんだ!」

それで会社がうまくまわると本気で思ってるのかdouble exclamationむかっ (怒り)
誰が一生懸命フォローしてると思ってるんだdouble exclamationむかっ (怒り)

4 thoughts on “名言1

  1. 「こなす」とは、
    「熟す」であり「粉す」が語源。

    この場合は、後者の意味合いが強い。

    つまり、

    「こなす」とは物事を「消化」する、の意。

    「仕事」とは、今あるものを「消化」するだけで、良いのか?

    仕事の目的とは、
    ドラッカーを持ち出すまでもなく、
    「顧客の創造と維持」だ。

    決して「消化する」ことが目的ではない。

    • そう。そうなんです。素晴らしい!
      社長に「ドラッカー」って言っても、
      たぶん「ドランカー」とかと間違えるだろうなア~

  2. では、「仲良くなる」ことについて。

    仲良くなるには、土台となる「コミュニケーション」が大切だ。

    またドラッカーを持ちだそう。

    1、コミュニケーションは知覚である
    受け手の分かる言葉で話す。立場を考える。

    2、コミュニケーションは期待である
    人間は自分が知覚しようと期待するものだけを知覚する。

    3、コミュニケーションは要求である
    伝える方には要求があります。伝えられる方も要求が強ければ深く伝わるでしょうし、弱ければ(もしくは聞く気がなければ)伝わりません。

    4、コミュニケーションは情報とは違う
    情報は感情、価値、期待などの人間的属性を除去すると信頼性が高まる。



    結論

    コミュニケーションとは心を通じ合わせるプロセスだ。

    このプロセスなくして、良いチームにならない。

    良いチームなくして、良い結果を勝ち取れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*