悪友

45歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは昨日、

大学時代の友人へ本当に久しぶりに電話携帯電話をした。

いわゆる、腐れ縁の悪友だexclamation
顔は、ここ10数年合わせていないが、

1,2年間隔で、ふと電話携帯電話をしてみたり、

電話携帯電話がかかってきたりという腐れ縁。

また、大学時代同じ寮家に住んでいて、

よく遊びムード、また、よく遊び晴れ、そしてよく遊んだ手 (チョキ)

結果、二人そろって同じ日に大学中退たらーっ (汗)
悪友だdouble exclamation
今回、なぜそんな悪友に電話携帯電話をしたかというと、

悪友が住んでいる県で、

仕事をサポートしてくれる人人影を探すためだ。

昼に携帯携帯電話へ電話。

すると留守電に。

留守電への伝言に慣れない私は、少し小さな暗い声で、

「え~・・○○です。電話くれexclamation

 

留守電をいれて数秒後、すぐに電話がexclamation
「もしもしdouble exclamationどうしたこんな時間にexclamation and questionなにかあったかexclamation and question大丈夫かexclamation and question

心配してくれているのである。

うれしいものである泣き顔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*