育成

45歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの会社で、

昨日親会社より、

新しいシステムの導入の話があった。

使用方法の説明を聞くまでもない程度のシステムだ。

他の事業所にも問い合わせてみることに。

K事業所「ええ。わかります。問題ありません。」

I事業所 「全くわかりません。さっぱりです。」

特に驚かない。いつものことである。

向上心がないというよりは、苦手分野で済ませている事業所だ。

聞けばいい!やってもらえばいい!で済ます事業所である。

事業所の所長がそういう考えの人なので、私も強くは言えず、

ず~とこんな状況が続いている。

double exclamation

I事業所の問題は、少し棚上げしておいて・・、

K事業所の担当者「S」exclamation
人と接することが苦手exclamation
ささやかなスキルUPexclamation
・・・

「S君exclamationI事業所に、今回の新システムの使用方法、教えてあげて。」

「はいexclamationわかりました。」

30分後。

I事業所より。

「Sの説明。さっぱりわかりませんdouble exclamation 教えてください。」と電話。

予想通りdouble exclamation
システムの説明。

I事業所の人から、どんな説明を受けたか確認。

S君への教え方?しゃべり方?の教育。

思わぬ仕事が舞い込んできたものだ!

ついつい、俺がやった方が早い。と思いがちになるが、

こういう教育をしないと、

いつまでたっても若い社員は育たないんだよな~。猫2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*