娘の部屋

45歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの娘の部屋の整理を、

先ほどまで、妻と娘でやっていた。

一つ一つが、いろいろな思い出の物。

そのたび、昔の話で盛り上がる2人。

笑い声。

笑い声。

・・・

突然笑い声が止まった。

・・・

・・・

山口百恵(さだまさし)の「秋桜」の歌詞が一瞬頭をよぎった。

・・・

笑い声。

それもより大きな。

終止笑い声の絶えない明るい2人でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*