早朝の蜘蛛騒動。

45歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、

今朝家を出るときに、玄関のドアノブ右側に

足を・・

長細い3本程度の足を確認した。

色は少し白っぽい・・。

結構太い。

や・・奴だ!

 

朝から、

「うわっexclamation

っと声を上げる。

 

そこへ中の下45歳の母

71歳が登場する。

 

「また蜘蛛かexclamation

 

おもむろにドアを開ける。

 

・・そっ・・そこに蜘蛛がいるじゃん・・逃げたらどうするんだよ・・

と思いながら・・

私は遠ざかる・・

 

母が、

「んexclamation and question

・・

「ほら見てみなdouble exclamation

・・・

 

蜘蛛を見るなんて、俺にはできない・・

 

が・・母は、「ほらほら・・」

 

手に持っている。

 

ん?

蜘蛛なら逃げないように両手で包むように持つはずだが、片手でつまんでいる。

・・

よーーく見る・・。

・・

カニだ!

 

なぜ カニ が・・・

 

まあ、いいや。

とりあえず一安心。

 

お母さん。まだまだご面倒をおかけします・・。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*