山奥のその奥まで、お仕事に行ってきました。

45歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、今日、朝から、

山奥のそのまた奥にある

公共のとある施設の仕事をやってきました。

 

それはそれは山奥。

道は、車1台通れるほどの山道。

ちょっと運転をミスすれば、とんでもない高さから転げ落ちることになる。

 

途中、海も見える。湾が見える。

とても小さく・・。

 

まるで別世界。

 

その山奥に、部落が・・・

地元は、すべて顔見知りなんだろう・・

見知らぬ車に、視線が・・・

 

施設前に着き、車から降りると、

「何の用ですか?」

・・・

「○○の作業でお伺いしたのですが・・」

 

「ああ~ああ~、聞いてるよ・・」

 

とても親切な施設の方。

暑いだろうからと、窓を閉め、エアコンを入れてくれた。

設定温度は、28度のようだ・・。

・・・

 

暑い・・。

 

とても気の利く施設の方。

エアコンを入れて数分後、

 

「窓開けた方が涼しいね・・」

 

ええ。

下界に比べると、ここの気温はだいぶ低いようですから・・。

窓を開けていただければ、寒いくらいです。

 

とは言いいませんでしたが、とても親切で、

親しみやすい方に感謝。

 

なんとなく、ゆったりと時間が流れているような・・

そんな居心地のいい場所でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*