親会社に対して、文句を言いまくる外注業者。

45歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの会社は、

外注業者を使っている。

 

親会社からの仕事の一部もお願いしている。

 

そんな外注業者の中に、S氏という親会社の親会社を定年退職した人がいる。

つまり、親会社の人が、頭が上がらない人物なのだ・・。

 

が、最近、そのS氏の発言は、目に余るものがある。

 

親会社の電話対応から始まり、

親会社の取引会社へ対するクレーム。

親会社の伝票フォーマットに対する注意。他多数。

それも、直接親会社へ文句を言うのだ。

止めるよう、再三注意や、お願いをしても、

「君の考え方は間違えてる」という始末。

 

仕事を依頼すると、必ず10個程度の文句を言ってくる。

 

親会社から、もう使わないでほしいと言われている。

 

今日も仕事を頼んだ。

文句の連発。

「親会社へ電話してやった!」と電話があった。

親会社から私に連絡はない。

我慢しているのだろう。

 

決断。

S氏。長い間ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*