私の誕生日のお祝いに、夢庵のしゃぶしゃぶを食べに・・。

45歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、27日に46回目の誕生日を迎える。

 

ということで、

今日、家族と母親。姉。妹家族の8人と姪っ子1人の9人で

しゃぶしゃぶ食べ放題を食べに、夢庵へ出かけた。

 

この夢庵。

近くに2件あるのだが、

以前、近いほうの夢庵へ行ったとき、

席に通されてから、10分以上も放置をくらい、

注文してもこない。

お茶の湯飲みも無い。

と、最悪だった。

 

それに反して、少し遠い夢庵は、対応もよく、

待つことも無かった。

 

と、言うわけで・・

近い夢庵へ。

 

早速、店員が来ない。

ピンポン鳴らしても、なかなか来ない・・。

 

やっと店員。

「ご注文はお決まりになりましたか?」

 

決まったから何度も鳴らしてるんでしょ

と思いながらも、

「しゃぶしゃぶの食べ放題を9人分ね。」

「鍋は、3つお願いしますね。」

 

すると、ぼそぼそと・・

「え~~・・・鍋は・・・・・2つ・・・・・・・・・・・・・・」

 

「えっ?」

「鍋は3つ頼むよ。」

 

「え~っと・・・ちょっと聞いてきます・・・」

 



 

しばらく待つと、店員が、

「え~~~っと・・鍋は2つになります・・。」

「8人までだと・・2つの鍋・・です・・。」

「子供は・・・・大人の人数にはならないので・・・・・」

 



 

煮え切らないグズグズした対応に苛立ちながら、

「2人で来て食べ放題頼んだら、鍋1つ用意してくれるんでしょ?」

「なんで8人で3つ用意できないの?」

 

「・・・・・・・」

「2つしか・・・・」

 

プツン。

「もういいよ、あんたじゃ話にならね~。」

「2つしか用意できないってあんたが聞いてきたのは誰だよ!」

「店長か?」

 

「は・・はい・・。」

 

「じゃあ、店長ここにつれて来い!」

 

「・・・・・」

 

「早くつれて来い!」

 

「・・・・・」

 

久しぶりに、切れてしまった。

 

俺の誕生祝は、こんなものである。

 

執り成す母。姉。妹。妻。息子。

かまわず、

「店長呼べって言ってるのがわからねーのか!おい!」

と私。

 

慣れからか、

妹と、娘が、

「あっ、店員さん。一度下がってもらってけっこうです。」

 

逃げるようにいなくなる店員。

 

みんなに、説得されるような形で、少しずつ落ち着く私。

でも、こんな店でメシなんか食いたくね~。

 

帰ろうとしたときに、ふと妹の旦那を見ると、

目をパッチリ開けた状態で、ポケーっとしている。

あまりのポケーっとした顔に

怒りがフッっと消え、つい噴出してしまった。

 

すかさず妹が、

「うちの旦那は、こういうの慣れてないから・・」

「お兄ちゃん、もう勘弁してよね~」

 

・・・

まあ、いいか。

最初に接客した店員は、それ以降一度も来ませんでした。

 

多分、二度とこの夢庵へは行かないでしょう。

2回目ですから。

ひどい対応が。

One thought on “私の誕生日のお祝いに、夢庵のしゃぶしゃぶを食べに・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*