妻が、長年働いてきたパートを辞める。

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの稼ぎは、

それはそれは、とても不甲斐ないものである。

 

結果、私の妻は、子供が生まれた頃は家でできる内職を。

幼稚園に通うようになったら、通っている時間内で働ける職場。

小学校へ通うようになってからは、夕方までのパートをしてきた。

不甲斐ない私のせいで。

 

妻が、今働いている職場は、だいぶ長く働いてきた職場だ。

しかしながら、働き始めてから間もなく、ず~っと。ず~っとその職場の社長から

罵声を浴びせられたり、辛く当たられたりしてきた。

 

我慢に我慢を重ねて、長い間頑張ってきた妻も、先日ついに辛抱できなくなったようだ。

 

帰宅すると、

「今日、来月いっぱいでやめるって言ってきた。」

と報告を受けた。

 

出来ることなら、

「今までお疲れ様。もう働かなくてもいいよ。」

と言ってあげたいところではあるが、

息子が来年から大学生。

そんなわけにもいかず・・

 

情けないな~

xサーバーの対応の良さ。再び。

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、一昨日

エックスサーバー(Xserver)の対応の素晴らしさに感動していた。

 

相手を不安を与えない最初のメール。

迅速な対応。

丁寧でわかりやすい文章。

 

サポートを受ける側で、

「ありがとう」

と素直に思える対応だった。

 

あまりにいい対応だったので、

「ありがとうございました」

の一言だけを返信した。

 

すると、その一言に対しても返信メールが。

それも夜。21:00過ぎ。

——————————————————————————— 

xxxxx 様

平素は当サービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
Xserver カスタマーサポートでございます。

お問合せ番号 : ooooooooooooooo

お忙しい中ご連絡頂きましてありがとうございます。

今後もお客様にとって常に最適なサービスをご提供できるよう、
サービス展開に注力して参ります。

また何かご不明な点等ございましたら、弊社サポートまで
お気軽にお問い合わせください。

——————————————————————————— 

なんて・・

なんて・・

なんてすばらしい対応なんだ~~

エックスサーバー

私はオススメしますよ。
 

xサーバーで、メールアカウントの使用容量が多くなりすぎてエラー表示が・・

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの会社は、エックスサーバー
を使用している。

そのエックスサーバー
で、社員のメールアドレスを作成している。

そんななか、最近社長へメールを送ると、

——————————————————————————–

This is the mail system at host xxx.xserver.jp.

I’m sorry to have to inform you that your message could not
be delivered to one or more recipients. It’s attached below.

For further assistance, please send mail to <postmaster>

If you do so, please include this problem report. You can
delete your own text from the attached returned message.

——————————————————————————–

というメッセージが帰ってくるようになった。

調べてみた。

すると、サーバー上の容量オーバーのようだ。

早速サーバーを開き、いろいろやってみようとする・・

が、

さっぱりわからない。

 

わからなければ、聞くしかない。

 

ということで、エックスサーバー側へ、質問を投げた。

——————————————————————————–

> メールアカウントについてわからないことがあります。
> アカウント追加後、メールを使用していくと、
> サーバー上に保存されているメールが増えていく?
> 最大容量設定にどんどん近づいていき、
> 使用容量がいっぱいになってしまいます。
>
> 一度アカウントを削除し、同じアドレスを再登録しても解放されませんでした。
>
> 削除方法および、
> 一定期間での削除。もしくは、その都度削除できる方法を教えてください。
>
> よろしくお願いいたします。

——————————————————————————–

すると、すぐに、

——————————————————————————–

お問い合わせありがとうございます。

48時間以内にご連絡を差し上げますので
もうしばらくお待ちください。

——————————————————————————–

のメールが。

48時間以内と先に言ってくれると、ありがたい。

と思いつつ・・

その1時間後。

 

——————————————————————————–

×××× 様

平素は当サービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
Xserver カスタマーサポート担当 ○○と申します。

会員ID : xxxxxxxx
お問合せ番号 : yyyyyyyyyyyyyyyy

お問い合わせいただきありがとうございます。

メールボックス容量を確保する手段としては
基本的には以下の3通りの方法がございます。

(1)サーバーパネルからメールボックスの容量を増加する
(2)webメールでログインし、不要なメールを削除する
(3)メールソフトにて「POP」受信をご利用の場合、メールソフトにおいて、
 メール受信時にサーバーのメールを削除するように変更する

また、お客様が行われたように、
サーバーパネル「メールアカウント設定」にて
メールアカウントを削除→再作成していただくことでも
メールは全て削除されます。

その際は改善しなかったとのことですが
変更された容量に関する情報が実際にサーバーパネル上に反映するまで
1時間ほど要する場合がございますのでご注意ください。

なお、一定期間での削除につきましては
上記(3)と関連いたしますが、メールソフト側にて設定が可能です。

例えば、Outlook Expressなら以下のように設定します。
Outlook Express以外のメールソフトをお使いの場合、
マニュアル等でご確認くださいますようお願い申し上げます。
————————————————————
1.「ツール」→「アカウント」より該当のメールアカウントの
 「プロパティ」をクリックします。

2.「詳細設定」タブより、「サーバーにメッセージのコピーを置く」
 のチェックをはずします。

3.必要に応じてコピーを置く期間を設定します
————————————————————
上記設定により、メール受信時にサーバー上に保存されたメールが
(一定期間後に)削除されるようになります。

その他ご不明な点がございましたら、気軽にお問い合わせください。

何卒よろしくお願い申し上げます。

——————————————————————————–

なんとも早い対応で、なんともわかりやすい対応だろうか。

使い方がわからなかったことより、この対応の良さに感動。

大したことではないのかもしれないが、なんとなくうれしい気持ちになりました。

↓ ここ。

調子にのりすぎて・・結果ギックリ腰に。

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、土曜日。

 

仕事で、少し重い荷物を・・

持たなくてもいいのに・・

今日まで・・

今日まで放っておいてもいいのに・・

 

ちょっとここに置いておくのは邪魔double exclamation
と思ったがばかりに・・

 

40㎏以上あるものを、頭の上位の場所まで持ち上げ、しまいこんだ。

 

その時思ったこと。

俺もまだまだ力あるじゃん。

そんな優越感の代償はその晩にやってきた。

 

ギックリ腰である。

 

日曜日。

痛い。

今日。

痛い。

 

歩くのはなんとか・・

 

俺、 もう若くないんだな~double exclamation

娘が指を切る。

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじが、今日外から家に戻ると、

娘が、指を切ったとの報告。

 

親バカだが、可哀想で・・心配で・・

たまねぎをスライスしているときに、自分の指も・・

聞いただけでサーッと血の気が引く。

 

幸いそれほど深くは無いようであるが、血が大量・・

少し動かすとすぐに血が・・

 

もう、バイトやめてしまえdouble exclamation