車のフロントガラスとドアガラスの違い

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、先日フロントガラスを立て続けに

2度もヒビが入った。

 

修理の際に、車屋さんから聞いたお話。

 

フロントガラスに入ったヒビは、時間がたつにつれて、どんどんヒビの長さが伸びていく。

やむを得ず走行をしなくてはならなかった私は、透明テープで補強。

前が見づらいが、仕方がない。

走行中にガラスが落ちてはたまったもんじゃないからである。

 

修理先に着いた時には、透明テープで補強した場所をも飛出し、

触れば、すぐにでも落ちてきそうなくらい大きなヒビになっていた。

 

車屋さんに着くと、車屋さんはおもむろに、透明テープをはがす。

・・・

フロンガラス・・落ちちゃうんじゃないの?

・・・

「これ、落ちちゃわない?」

 

こういう回答だった。

 

昔のフロントガラスは、割れると、蜘蛛の巣状にヒビが入り、粉々になったんだけど、

前が全く見えなって危ない。

ということで、

少し強度は落ちるけど、ヒビだけが入るようになったそうだ。

フロントガラスの中には、透明のシートは入っていて、バラバラ崩れ落ちることは

ほとんど無いそうだ。

逆に、ドアガラスは、そのまま粉々になるガラスを使用しているとのこと。

もちろん強度は強いらしい。

 

なるほど。

聞かなくてはわからないことだな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*