深夜、娘の旦那から電話。

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの元に

昨晩晩くに、娘の旦那から電話がかかってきた。

 

「●●●が、突然目が見えないって言うんです。」

「俺、今日仕事が終わらなくて、すぐに帰れないんです。」

「観てきて貰えないでしょうか?」

 

慌てた様子だ。

 

だが、父は慌てない。

 

何故か・・。

実は、何度か私も経験のある症状。

娘も3度ほど経験している。

 

「閃輝暗点」

という奴だ。

まず、視角障害が起きる。

突然、視野の真中あたりに、太陽を直接目にした後の残像のようなキラキラしたもやが現れる。

そのうち、だんだんとそのキラキラが拡大していき、視界のほとんどの部分が見えなくなる。

ここまで、約2,3分であろうか?

視覚障害は、ここから私の場合は10分~30分ほど続く。

ツライのは、視界が戻ってからである。

視界が戻ったあと、頭痛が始まる。私は頭痛持ちだが、普段の頭痛とは比べ物にならないほどの痛みだ。

その頭痛の痛みに加え、まもなく強烈な吐き気が襲う。

とにかく辛い。

気に入らないのは、その症状が現れることが事前にわかること。

最初は、視角障害だけであるため、強烈な頭痛の吐き気は無い。

が、必ず強烈な頭痛の吐き気が襲ってくることがわかるのは、とてもイヤな時間である。

 

深夜、0時過ぎに娘の所へ妻と行く。

 

娘は、すでに強烈な頭痛の吐き気に襲われている。

吐き気は治まるが、頭痛は、4.5時間続く。

 

旦那が帰ってくるまで面倒を見るか!

と思い、気づけば朝6:00。

 

娘の症状も治まり、帰宅。

旦那が帰ってきたのは、その後である。

 

娘である。

何かあれば、自分が死んでも、何とかしてやろうと思っている。

今回のことは、それほど大げさなことではないが、

体の状態が悪いと起きに、近くに人がいないこと。

その状況が娘に・・

 

・・・

仕事も大事だけどな~

親としては、ちょっとばかし切れた朝を迎えたよ。

 

久しぶりの徹夜。

さあ、寝るとするか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*