息子の大学生活の下宿先を探しに、千葉へ。

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの息子が、千葉のとある大学に合格した。

その大学生活の拠点。

つまり、アパートを探しに、朝早くから出かけた。

予算は、月30,000円前後。

まっ・・

いわゆる・・

少しくたびれたアパート・・

であろう物件を探しに。

 

前日にネットを使い、ある程度物件を絞り込んでいた。

 

千葉に着き、まずは、一番候補に上げていた物件を取り扱っている不動産屋へ到着。

早速、話を聞く。

「ここは辞めたほうがいいです」

「汚い。大家さんが、手を加えない。オススメできない」

とのこと。

 

とても感じのいい店員さんでした。感動。

やはりプロ。

色々なことを知っています。

 

「ここの物件はどうでしょう?」

 

4万円double exclamation

 

完全に予算オーバーである。

が・・

かなりいい物件。

学校からも近い。

雨が降っても、歩いて行ける。

スーパー。コンビニ。量販店。ホームセンターに病院。

すべてがすぐ近くに。

ん~~。

いい。

 

が、不動産屋をあと3件回る予定。

4万円は高い。

 

でもいい。

 

・・・

 

息子を見る。

 

あきらめ顔。

 

次にまわる不動産屋で、

安い物件を見れば、私の性格上

「安いほうでいいだろう!」

って言われることを、理解しているようだ。

 

・・・

 

「お前ここがいいのか?」

 

あっ!聞いちゃった。

 

「そ・・そりゃあ・・・ここ最高だけど・・・」

 

・・・

 

「じゃあ、ここ契約します。」

 

息子の「えっdouble exclamation」という顔。

「いいのexclamation and question」っていう顔。

 

4万円。

6万~8万の物件がうじゃうじゃあることを考えると、

とてもとても安い物件。

 

この程度で、凄く喜ぶ息子。

 

仕事頑張ろ。

One thought on “息子の大学生活の下宿先を探しに、千葉へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*