息子の大学生活でのアパート契約にかかるお金。

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの息子は、

この春から大学生である。

 

近くの大学に行ってくれれば・・

せめて電車で通える大学に行ってくれれば・・

 

そんな期待・・いや希望もむなしく、

アパートを借りて、一人暮らしをしなくては通えない大学に決定した。

 

仕方なく、先日アパートを決めに。

色々説明を聞き、あるアパートに決めた。

 

敷金なしの物件も最近では多いようなのだが、

そこは、1か月徴収される。

家賃4万円+敷金4万円。

8万円か~・・・

厳しいな~・・と思い帰宅。

 

その後の請求を見てびっくり。

 

請求14万円弱・・

 

不動産屋が手数料として、1か月。

なんと、ドアの鍵交換費で1万5千円。

クリーニング料金3万円。

 

それとは別に、アパートの保険料も加入条件に入っているではないか!

 

説明の少ない不動産屋に対し、こんなアパート借りれるか!

と、明日になったら言ってやる!

と戦闘モードになりながら、決めた不動産のチラシを見る。

・・・

書いてある。

その説明が・・

詳しくは書かれていないが書いてある・・。

 

exclamation
しっかり伝えなかった奴が悪いむかっ (怒り)double exclamation
カギ交換は納得いかね~むかっ (怒り)double exclamation
 

翌日職場で、いろんな人に話してみた。

 

「ああ。今カギ交換するよね~。」

「私の知り合いは、入るのに30万かかったって!」

 

・・・

 

そ・・そうですか・・。たらーっ (汗)
では、このアパートでいいや!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*