「はい。わかりました。」と答えるか?「それは違うのでは?」と意見を述べるのか?

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、会社の社長に対して、

入社したころから意見を述べている。

入社したての若い頃は、

「俺に意見を言うやつは今までいなかった。どんどん意見を言ってくれ!」

「お前は自分の意見をしっかり持っている。」

「お前には会社をよくしようとする姿勢を感じる。」

などと、もてはやされたものである。

 

が、勤続20年以上も過ぎれば、

意見というものが、愚痴に聞こえてしまう頃。

意見というものが、批判に聞こえてしまう頃。

なのであろう。

 

社長は、もうすぐ66歳。

20数年前とは違い、頭がカチンコチンに硬くなっている。

頑固おじいさんになってしまっている。

 

こんな二人が会話をすれば、いつでもケンカは仕方ないのかもしれない。

 

今後、社長に対して、

すべての命令に、

「はい。わかりました。」と答えるか?

「それは違うのでは?」と意見を述べるのか?

 

学習能力のない私は、

「それは違うのでは?」

を社長がいなくなるまで言い続けるんだろうな~たらーっ (汗)
 

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】

ここに登録すると、たくさんの就職情報が見れますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*