社長とやり取り。

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、昨日、

パート・アルバイト募集ののぼりを立てた。

会社入口に立てようと、ポールを差し込む筒を針金で巻いていると、

社長が近寄ってくる。

「針金で固定するときは、こう巻くんだよexclamation

と言って、巻き始めた。

double exclamation
なるほど上手である。

「最初にここをネジって、こう通す。で、こうやって巻く」

・・

スバラシイ。

「社長exclamation凄いですねexclamationこういう風にやるんですねexclamation勉強になりましたexclamationexclamation

私は、社長に文句も言うが、

素晴らしいことは素直に口に出す。

すると、社長がこう言う。

「お前みたいに、街中を歩くときに俺はボーッっとは歩いてないんだよ。exclamation

「どういう風にやっているのかな?って興味を持っていつでも行動してるんだよ。exclamation

「お前は、そういうことをしないからこれぐらいのことがわからねーんだよ。double exclamation

むかっ (怒り)
「はっexclamation and question すべてのことに興味持てるわけないでしょexclamation

「100m歩くのに何時間のかかっちゃいますよdouble exclamation

 

gongu

ゴングが鳴る。

 

fight

戦いが始まる。

 

懲りない社長と私である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*