寂しいの言葉。本心なのか?私達への気遣いなのか?

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、今朝早く息子のアパートへ出かけた。

寂しかろうと思い・・。

車で3時間弱。

息子と話をする。

家にいる時は、それほど喋らない息子。

しかし、今日は違う。

ペラペラではない。

ベラベラ喋る。

一週間分の話をベラベラと。

 

その話の中で、

「やっぱり寂しいよ。」

の言葉が・・。

 

本心なのか?私達に気を使っているのか?

 

夕飯を一緒に食べて、

「じゃあな!頑張れよ!」

と言って、車に乗り込み・・

見送る息子を眺めながら、先ほど帰宅。

この次会うのは、ゴールデンウイーク?

それとも、夏季休暇?

 

涙が出てくる。

 

子離れしない、ただの親ばかである。

頑張って、子離れしないと・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*