大学生活をしている息子へ、荷物を送る。

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの息子は、大学生活で今一人暮らし。

 

「何か欲しいものはあるか?」

とたずねると、

「キムチが食いたいexclamation



「買えdouble exclamation

と言うと、

「だって、結構高いんだよexclamation

「300円以上するexclamation

・・

生活費を自分で稼ぐdouble exclamation
これが息子に与えられた使命。

不甲斐ない父親である。

 

昨晩仕事が終わってから、24時間営業のスーパーへ。

キムチ購入。

他にも数点。

今日、息子宛てにその荷物を送る。

 

私が大学生の時に、親から届く何気ない荷物が

とても楽しみだった記憶。

中身は、大したものじゃなくても、

凄くうれしかった。

 

さて・・

あいつは喜ぶだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*