我が家の炊飯器がお亡くなりに・・

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの家の炊飯器が、

お亡くなりになった。

ご飯が炊けない・・

というわけで、仕方なく買いに。

 

安いもので、6,000円弱。

狙いはそこである。

 

量販店に着き、

炊飯器を物色。

すると、早速妻が店員につかまっている。

 

つかまって、3分後。

「この炊飯器、展示品の現品限りで、35,000円が21,000円だってexclamation

・・・

目で「欲しい」を表現している。

・・

イヤ・・ここは冷静に・・

店員に、「ありがとう。ちょっと考えます。」と告げ、

妻とお話。

 

少し話をすると、妻も、

「ん~やっぱりもったいないよね~」

 

他の店へ。

 

同じ商品が、現品ではなく、同じ価格。

大笑いである。

 

その店で、またいろいろ物色。

 

17,500円の炊飯器に妻が釘付け状態。

 

・・・

店員に「これ、16,000円double exclamation

 

店員が電卓を叩く。

 

「17,000円ですね・・」

 

そこへ、以前息子の電化製品を買った時に担当してくれた店員が。

 

「16,000円にしてくれdouble exclamation

 

「・・・」

「ちょっと上に確認してきます。」

と言って、3分後。

 

「16,000円OKですdouble exclamation

 

だいぶ高額になってしまったが、

安く買えた気分の良さと、

妻のうれしそうな顔。

 

さあ、おいしいご飯。

炊けるかな・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*