沈黙の2ケ月の先に待っていた理不尽の嵐

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの会社の社長。

 

沈黙の2ケ月。

とても平和な日が続いていた・・

 

が、たまりにたまっていたかのように、

理不尽な注文、命令が嵐のように吹き荒れている。

その嵐は、私を直撃。

 

本社がすべて。という考えである。

 

まずは、本社が楽をすること。

 

そして自分。

自分の考えていることが、少しでもずれれば気に入らない。

その社長の考えを読み取り間違えると、暴言。嫌がらせ。

「俺が黒と言ったら黒。従わない奴は去れ!」

と言い続ける社長。

 

今日も、本社へある仕事を依頼した。

本社側は、それを承諾。

が・・

社長が、「できない!」と言ってきた。

「お前が来い!」と。

 

その日は、私が行けない理由がある。

もちろん仕事である。

その旨を伝えると、

「何故そういう計画を立てるんだ!」という。

 

終いには、「本社は、その仕事を今後もやらない。」

とまで言う。

「お前が来てやれ!」

今度は嫌がらせである。

 

支店からわざわざ80キロ以上離れた場所の仕事をやりに行く。

当然ではあるが、この仕事自体赤字仕事になる。

 

「赤字にしないようにするのがお前の役目だろ!」

という。

 

無理な話である。

 

あまりに多くのことを言われ続けて、

思考能力さえも奪われていく・・

 

このすさまじい嵐に私はいつまで耐えることができるのか・・

今にも吹き飛んでいきそうである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*