親会社の親会社の方が突然訪問。

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの会社の

親会社の親会社の方が突然やってきた。

 

ビックリである。

 

周りを見渡す。

不備はないか・・

色々考える。

が、今気付いても遅い。

諦めである。

言われたことは素直に受け止めるしかない。

覚悟を決める。

 

「今日は?」

すると、

「いや~近くによったもんだから・・ちょっと顔を見にね。」

恐ろしい言葉である。

「これ、食べよう」

とビニール袋。

 

アイスである。

 

「い・・頂きます。」

 

・・・

・・・

たわいもない会話をする。

食べる。

会話をする。

食べる。

・・・

「じゃあ、帰ります。」

 

えっexclamation and question
あっ・・

「お・・お疲れ様でした。」

「あ・・ご馳走様でした・・。」

・・・

いったい・・

何事だ・・

いまだに良くわからない・・

本当にただよっただけ・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*