親会社のお偉いさま。

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは一昨日のクレームの対応に

昨日再び高速道路を2時間走り、現場近くの新幹線駅へ向かった。

親会社のお偉いさまを迎えに行くためだ。

親会社の誰が来る?

一昨日は、まだ決まっていなかったが、

昨日、その親会社のとても偉いお方が来ることがわかった。

そのお偉いさま。

15年ほどまえは、いち担当者で私と大変仲が良かった・・

というのは失礼。

大変よくしていただいた人だ。

 

この時点で、とても気が楽になった。

 

とてもできる男。

とても頼りがいのある男。

とてもやさしい男である。

あっ、

お偉いさまである。

 

昨日も、駅に迎えに行くと、

「いや~久しぶり~!」

実に気さくである。

私を責めることなく、フォロー。

6時間ほど対応に追われたが、

昨日でほぼ全てが解決。

先方も納得。

わが社に対し、お咎めなし。

協力会社の示談金も親会社で支払うよう手配。

それどころか、一昨日、昨日。

私がそのクレーム対応に費やした経費を支払うように

会社へ一報。

即私の元に担当所課から支払いの件の電話。

こちらのミス。

頂くわけにはいかない。

と話したが、

「イヤ。支払います」とのこと。

お気遣いありがとうございます。

少しおかしな話ではありますが、

それでは遠慮なく頂きます。

 

全く・・

いつのまにこれほどの差がついてしまったのか?

 

中の下。

もっと。

もっと。

もっと。

もっと努力が必要である。

イヤ・・

努力しろ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*