忘れていた棚卸。

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、今朝毎月実施しなければならない

棚卸を実施していないことに気が付いた。

今日は月末。

棚卸実施は今日まで。

それじゃなくても月末〆の日。忙しい日である。

そんな日に棚卸・・

最悪である。

追い打ちをかけるように、仕事も忙しいときた!

47歳。

堪える・・

 

47歳の誕生日。

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、一昨日47歳を迎えた。

子供二人。

娘は、誕生日のお祝いということで、

先日一緒に近くの焼き鳥屋へ。

まあ、お会計は私持ちだったんですが・・

そして、大学へ行っている息子からは、

・・・

連絡なし。

こちらから連絡をしてやった!

「キサマ!このやろー!今日は何の日だーー!うれしい顔」と。

返事は、「さっきまで覚えてた!」とのことだった。

そして、誕生日の夕食は、妻の実家にいたこともあり、外食。

お会計は私・・・・・

というか、私が誕生日ということを妻の両親は知らないし。

 

とまあ、今年の誕生日は、なんとなく・・

な~んとなくさみしい誕生日でした。

 

来年の誕生日には、中の下改め、中の中おやじ程度になれるよう頑張るぞ!

四十肩?五十肩?

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、ここ3日左腕が上がらない。

痛いのである。

これって、四十肩?五十肩?

・・・

四十肩はよく聞くが、五十肩ってあるんだろうか?

つまりは、年で体を動かないということ・・

加齢不摂生肩。

でいいんじゃないだろうか・・。

47歳。今日はお休み。と思いきや・・

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、今日47歳を迎えた。

久しぶりの誕生日。

実に1年ぶりである。

そんな1年ぶりのお誕生日。

土曜日。

しかもお休みである。

朝の目覚めは、

会社からの電話。

「人がいません。どうしましょう!」

・・・

300km以上も離れた場所へ。

最高のお誕生日である。

が、妻を乗せて、帰りに妻の実家へ。

今日は妻の実家で泊まっていくことに。

妻は大喜び。

まあ、47歳のお誕生日。

仕事で始まるのも悪くはないか!

と前向きな中の下でした。

 

さあ、今からお義父さんとマージャンだ!

 

誕生日のお祝いに、近くの焼き鳥屋へ。

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、明日で46歳という年齢に

「さようなら」を告げる。

そして、47歳という年齢をお出迎えする。

ということで、昨日娘夫婦が昨夜急遽

近くに新しく出来た焼き鳥屋さんへ食べに連れて行ってくれることに。

 

妻と娘夫婦。4人で歩いてお出かけ。

店に入る。

がらーーーーーーーーん!

貸きりである。

新店舗なのに、どうなんだ・・・

と思いつつ、注文。

まずは乾杯。

飲み始める。

注文を済ませ、飲み続けていると・・

・・・

あれ?もう15分以上経っているのに、

一つも料理が来ない・・

20分後。

「こちら〇〇になります。」

一品目登場。

・・お待たせしました 言えないのか!

とは言わないで、一本ずつ食べる。

・・・

それから20分後。

二品目登場。

・・いつまで待たせるんだよ!

とは言わないで、またもや一本ずつ食べる。

・・・

またまた20分後。

三品目。

「ぼんじりです。申し訳ありません。ぼんじりですが、5本注文されましたが、

3本しかありませんでしたので・・・」

おいおい!他にお客いないし・・一日に3本限定か!

 

とにかく出てくるのが遅い!

このままじゃ、朝になるぞ!

と思いつつ、最初に注文した料理がすべて来るまでに2時間以上。

半生あり。

私は、「娘の旦那の前で切れるわけにはいかないな!」と我慢。

娘の旦那と言えば、見てわかるほど怒っている。

が、私の前。

なんとか気持ちを抑えているのがわかる。

 

注文した品物がすべて来てすぐに、

「おい!帰るぞ!」と私。

待ちも待ったりたっぷりの2時間半。

全く食べて気がしない。

 

近いうち、きっと潰れるでしょうね。

 

それから娘の旦那行きつけのラーメン屋へ。

ほろ酔い気分で帰宅。

ソファーでしばし夢の世界へ。

まあ、これはこれで楽しい日かな・・