深夜の電話。早朝のメール。

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは昨夜深夜に

わが社の一番偉い人から電話が入った。

何やら意味が分からない内容である。

聞けば・・

本社で朝一番の仕事が入ったとのこと。

そして、ここからがわからない・・

「そっちは誰が行くんだ?」

???

「なんの話ですか?」

「だから、そっちは誰が行くんだ!って聞いてるんだよ!」

・・・

「こっちには、そんな仕事の依頼来てませんよ。」

と私が答えると、

「あっ・・そうなのか・・こっちだけか・・・!わかった。わかった。ガチャ!」

・・

少しいらだちながら、再度就寝。

朝4:00。

メールが・・

「昨夜の件、〇〇がわからない。至急連絡をくれ!」

その〇〇。

特に急ぐ内容ではない。

相変わらず朝がお早い。

今までの私なら、ここで愚痴だったであろう・・。

今は違う。愚痴からは何も生まない。

深呼吸。深呼吸。

頭に来たときは、ゆっくりと10数えてみる。

ほら、落ち着いた。

「社長様!あなたは人を怒らす。人のやる気を奪うことにとても長けているんですね。」

「素晴らしいです。」

「私には到底真似ができません。」

「ああ、私はなんて素晴らしい社長のもとで働いているんだろう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*