心にゆとりを。

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじが最近心がけていること。

「心にゆとりを持つ。」

 

昨日夕方、車に乗り帰宅。

帰り道。当然帰宅ラッシュで道は渋滞。

T字路にさしかかる。

すると、

「絶対入れるものか!」という車だらけ。

そんなとき、一台の車がスッと止まった。

こういった他愛ないことでも、譲ってもらった私はとてもいい気持である。

こういったことが自然に。あくまでも自然にできる気持ちを持つ。

 

昨日、社長に交渉に必要なデータを教えてほしいとお願いした。

今日。

「必要なデータが見たけりゃこっちに来い!見せてやる!」

と言われた。

本来なら、

「ふざけるな!見せてやるじゃねーだろ!会社のためにやっていること。」

「なんでそんなことを言われなきゃ・・」

と言いたいところだが、

ゆとり・・ゆとり・・気持ちを・・心を広く・・

受け入れる心の広さ・・・

と心でつぶやきながら、

「 は exclamation and question 話にならねー!もういい!」

といい、電話を切りました。

 

ゆとり・・ゆとり・・ゆとり・・

難しいものである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*