明日息子が帰省。

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの息子に、

2週間ほど前、「春はかえってくるのか?」と訪ねた。

「ん~3月1日・・かな~・・」

と返事があった。

それから全く音沙汰がない。

 

今日。

私から電話をかける。

「テメーこのやろう!」

「明日帰ってくるのかどうかくらいちゃんと電話よこせ!」

口の悪い父親である。

息子が、

「ああ・・明日朝早く帰るよ。」

と返事。

 

「なにか食いたい物はあるのか!」

中の下。金無しだが気になる。

「特にないよ!」

・・・遠慮か?

「こっちに来て買い物は?」

中の下。金無しだが気になる。

「ああ・・靴下がない。ほぼ穴が開いた!」

・・・

靴下も買えない中の下の息子。

金無しである。

妻が実家から戻る。

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの妻が、実家から昨日戻ってきた。

一泊ではあったが、話がたくさん。

義父が語った言葉。

義母が語った言葉。

義姉が語った言葉。

 

だけではとどまらず・・

デパートですれ違った人の話。

宝くじ売り場の話。

などなど、盛りだくさんである。

夜中遅くまで聞いていた。

というわけで、今日はとてもとても眠い。

母のお弁当

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、会社にお弁当を持っていく。

愛妻弁当である。

が、

昨日から妻は実家に帰っている。

ということで、今日はお弁当なし。

どこかで食べるか、コンビニでお弁当を買うか・・

 

今朝出かけようとすると、

お弁当を朝食のおにぎりを作っている母。

「作らなくていいのに!」

と言いつつ、それを持って会社へ。

昼にお弁当を開ける。

中学、高校とお弁当を作ってくれていた母。

私の好きなおかずを知っている。

double exclamation
ごはんとごはんの間に・・

醤油を少ししみこませた鰹節と海苔が敷いてある。

懐かしすぎる。

誰が見ているわけでもないが、

ちょっと照れくさいお昼になった。

お義父さんの検査結果

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの妻の父が、

先日、MRI検査をしたところ、脳内に出血があると言われた。

MRI検査でははっきりとわからないらしく、

MRA検査なるものを受けた。

その結果が昨日だった。

結果は、「問題なし!」

一安心である。

脳に出血の跡(塊)はあるものの、問題なしとのことだった。

今日から一泊で実家に帰ろうとしていた妻。

昨日の結果を聞き、行くかどうか悩んでいた。

私の事を気遣ってである・・。

「行ってきな。」

というと、うれしそうに、「うん。」と答える。

今朝始発の新幹線に乗り、実家へ向かった妻。

さて・・一人きりで眠るとしよう・・。

社長の責任とは?

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、ここ最近思うことがある。

社長の責任とは・・?

中の下の会社は、小さな小さな会社。

社内の決定事は社長が最終決断を下す。

俺が「黒」といったら、「黒」!

「白」といったら「白」だ!

逆らうものは去れ!

という社長である。

が・・

何か事があると、自分で解決することをしない。

人に押し付ける。

責任まで押し付ける。

このことに対し、愚痴を山のようにこぼし続けてきた中の下であるが、

相手は社長である。

それが当たり前・・・?

気に入られたいのであれば、そこをどう乗り切るかが、

雇われサラリーマン・・

といったところだろうか?

 

責任がどちらにあるか?

会社が潰れれば、社長の責任。

だが・・何か命令されたこと。

それは、社員の責任なんだろうな~

そう思いたくはないが・・

そうなんだろうな~