嫌がらせ?締め日なのに。

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの会社の社長。

何を考えているのやら!

中の下の会社は、月末〆。

つまり今日が締め日である。

今日の深夜0時のお仕事までのデータを載せないとならないので、

書類は明日じゃないと作れない。

つまり、明日の朝はバタバタする。

そんな日なのに・・

新入社員の面接を明日行うという。

それも朝から・・

数人と面接・・

というわけではない!

1名だけの面接。

日にち、時間はこちらから指定できる。

というわけで、

「1日だけは外してください!」

と、社長に話をしたのに・・

「1日に面接をしろ!」

とのこと。

嫌がらせである。

面接を行う支店まで、車で2時間半以上。

8時半までに行けということは・・

6時には出発。

それまでに書類を作る・・・

明日朝4時ころ出社だな・・

お金がない!

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、金曜日の夜に

娘の旦那と話をした。

そこで出た話の一つ。

家賃と携帯電話の話である。

家賃の話。

新しいアパートを借りるにあたり、

日割り計算をしてもらえないアパートを借りるらしい。

結果、

「二重にまたがる家賃を払えません。どうしましょう?」

知るか!

携帯電話の話。

「2年契約になっているので、解約手数料がかかります。どうしましょう?」

知るか!

慰謝料は娘の意向で勘弁するつもりだったが・・

考え直す必要ありだな!

伯父さんの四十九日

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは昨日、

伯父さんの四十九日だった。

しんみり・・

ではなく、笑いの絶えない四十九日だった。

もともと伯父さんの家族は明るい人ばかり。

そういう家庭を築いた伯父さんだから、

きっと、こんな四十九日を喜んでいるんじゃないかと

勝手に思ってしまう。

小さい頃、

こんな明るい家庭を築きたい。

って思っていた私。

結婚して、そんな明るい家庭を目指して、

私なりに築いてきたつもりだった・・・

が・・・

圧倒的なこのパワー。

私なんぞ足元にも及ばない・・。

伯父さん不謹慎な言葉でごめんなさい。

ほんと楽しい四十九日でした。

娘の旦那と話し合い。

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじのもとに、昨日娘の旦那からメールが入った。

私が先方のご両親へ「一度しっかりと話をしなくては。」

と言ったことに対する返事である。

娘がこちらに戻ってきてから、実に約1ケ月が経とうとしている。

そして、その結果がメールである。

「父から言われたので、一度お話をしたい。」

との内容だった。

夜11時。娘の旦那が帰ってきてから、お話をした。

話は簡単である。

今後の二人の新しい人生に向けて、前向きな話をしましょう。

という内容である。

離婚届けをいつ出すのか?

家具はどうする?

といった話である。

いまさら文句を言っても仕方がない。

と思いながらもちょいちょい文句を混ぜながら話し合いは進む。

早ければ、今日離婚届けを旦那が出す予定だったが、

今現在連絡はなし。

明日以降へ持ち越しのようである。

遅くても、29日まではだすとのこと。

明日である。

娘の旦那の決心。

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの家に、一昨日の晩。

私達が、結婚記念日ということでお酒をたらふく飲んでいるときに、

娘の旦那の親から電話があった。

私達は居酒屋にいた。

ということで、

電話をとったのは、私の母である。

実に20分以上も旦那の親と話をしていたそうである。

「息子も離婚の決心をした。」

との話だった。

昨晩、私のほうから再度娘の旦那の親へ電話。

娘がこちらに帰ってきてから、一度も私の前に顔を見せなかった旦那。

「常識として、一度息子にそちらに伺うよう話をします。」

とのことだった。

先方の親はこちらには来ないとのこと。

それでは、こちらでどんどん話を進めさせていただきます。