息子が帰ってくる。

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの息子が、朝早くに帰ってきた。

駅まで迎えに行き、一度家へ。

じいちゃんの喜ぶ顔を一度見てから、お出かけ。

「食いたいものは?」

と聞くと、

「すし。」

清水の舞台から飛び降りる覚悟で、

回転寿司へ。

その後、靴下と買いに安売りのショップへ。

夕方は家族全員で食事に。

二度目の清水の舞台。

ラーメンである。

ちょっと話しつかれた中の下である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*