「残業代ゼロ法案」が閣議決定!

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは、ネットのニュースで、

「残業代ゼロ法案」が閣議決定されたことを知った。

いったい、「残業代ゼロ法案」って?

私の役職は、「部長」だが・・

残業制・・

なぜか・・・

会社がお金を払いたくないからである。

平と一緒である。

ほぼ残業はないとはいえ、深夜呼び出される場合など、

多少?・・些少・・?

ちびーーーーとの手当てが出る。

少し気になるので調べてみた。

 

労働時間ではなく成果で給料が変わる

仕事が遅くて、残業ばかりしている人。

仕事が早くて、残業を全くしなくてもいい人。

手当がもらえる人は、仕事が遅い人。

矛盾ですよね。

ということで、

労働時間の長短にかかわらず、成果だけで評価されるようになるそうです。

なるほど・・

でも、これって上司の考え一つで変わってしまうってことですよね?

これは上司に好かれる。嫌われる。でだいぶ変わってきますよね?

私の場合、上司からは煙がられている存在。

ということは、上司には成果を評価・・なんて期待はできない!

 

サービス残業の合法化になる?

もちろん「残業代ゼロ」ということですから・・

今までサービス残業を強いられてきた人たちが、

当たり前のようにサービス残業を強いられることになる可能性があります。

私のいる、いわばブラック企業なんかにとっては、ありがたい法案では・・

 

これはヤバイ!

 

と思ったんですが、

年収1000万円以上のサラリーマがを対象

になるようです。

・・・

全く無関係でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*