ワキガ臭を気にする人。気にしない人。

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじがワキガ臭という言葉を知ったのが

中学生の時である。

もう亡くなってしまった私の祖母が、

こっそり私にワキガのデオトラント製品を渡してきたことだった。

なんだこれ?

最初の感想である。

よくよく聞いてみると、私にはワキガ臭があること。

ワキガっていったい・・・

あのころは、詳しくは調べられなかったことであるが、

なんでも、腋の下にはアポクリン汗腺というものがあるらしい。

そのアポクリン汗腺は性ホルモンの影響を受けているので、

思春期になると分泌が活発になるそうである。

そのアポクリン汗腺から分泌される汗には「蛋白成分」を多く含んでいて、

時間が経つと、細菌が分解されることにより・・

あの臭い!あの嫌な臭いを発することになってしまうそうである。

祖母もそんなワキガで悩まされていたそうである。

祖母は毎日ワキガ消臭のデオトラントを使用していたこと。

実に衝撃的な内容だった。

 

自分では全く気付かなかった臭い。

中学生ということもあり、

異性に対しても、どう思われていたか・・

地獄に突き落とされた気持ちでいっぱいだった。

その日から現在47歳になるまで、

毎日、毎日、ワキガ対策は欠かせないものになっている。

デオトラントのストックも常時3本。

無い日があることが恐ろしいのである。

自分自身、ワキガを持っていることに気付かなかったこと。

他の人はどうだろう?

たぶんあなたの周りにも、

「!」って思ってしまう方がきっといるのではないでしょうか?

私は、言ってあげたくなってしまいますが・・

あまり触れてはいけない内容。

じっと我慢します。

なかなか他の人から言ってもらえないワキガ。

なかなか自分では気づきにくいワキガ。

まわりの人は助けてくれません。

自分で気にしましょう。

エチケットですね。

 

ワキガ・足臭をたった10秒でシャットアウト。

無添加・無香料だから、敏感肌の人に安心。

効果が感じられなければ、うれしい全額返金保証。

「CLEANEO」いいですよ。

↓ ↓ ↓



 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*