娘のお迎え

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの娘は、昨晩友達と飲みに出かけた。

深夜0時30分過ぎ。

娘から電話が・・

「ねえ~迎いに来てくれる?」

まだ起きていたいた私。

「いいよ。」と返事をすると、

「友達家まで送ってってくれる?」

「いいよ。」と返事をする私。

「友達の家はどこ?」

と聞くと、

「I市。」

車で30分ほど・・

まあ大した距離だはない!

娘と娘の友達を迎いに行き、

車に乗せその友達に家まで。

帰宅したのは深夜2時頃。

一度外へ出ると、お風呂に入らないと気が済まない私は、

深夜2時過ぎに、二度目の入浴。

深夜3時前。さあ、寝ましょう。ということで布団をめくった途端

仕事の電話。

今日はそのまま出社。

体力のある私は、今激眠である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*