息子の留年確定。

49歳。

失業中。

そんな中の下改め、下の下おやじの息子は、大学3年生。

千葉で一人暮らしをしている。

そんな息子の勉強に対する意気込みをを振り返る。

小学校

「もうこの子は天才!」と誰もが言われたうちの一人。

努力はゼロ。

中学生

「ここで、お前の将来の大半が決まる!気合い入れろ!」と怒鳴り続けた毎日。

努力は、ゲームの上達。

高校生

「国立じゃないと行かせない!」、「家から通える場所じゃないと行かせない!」、「お前いつ頑張るんだ?」と、何度も言っていた。

努力は、ゲーム+マンガに。

そして、今は、私立の家から通えない大学の学生

大学2年の前期に大サボリをして、24単位中6単位しかとれず。

一時は中退させることを考えるも、最後のチャンス。

後期に24単位中22単位を条件に大学継続。

そして、後期。

頑張った成果が・・

結果12単位しか取得できず!

大学へ行き、教授と懇談。

前期大サボリを黙々と続けた甲斐あり、後期の授業が、まったく理解できなかったことが判明。

いろいろ話し合った結果、「もし留年したら、その授業料を必ず返すから、行かせてほしい!」の言葉に少しウルッっときたバカな下の下、大学継続を容認。

二度目の約束。

3年前期に24単位中22単位以上取得で、留年を免れることから、「今まで一度も見せなかった、頑張りをここで見せろ!」と約束!

そして、一昨日。

3年前期の成績表が、自宅に到着。

運よく息子も帰省中。

成績表をご開帳!

むかっ (怒り)exclamation
むかっ (怒り)むかっ (怒り)double exclamation
「テメーコノヤロー!」

下の下は言葉が汚いのである。

すぐ怒る。

結果は、24単位中12単位取得。

見事、留年決定!

きっとご近所さんは、「何事!?」と思ったほど、私の怒鳴り声が聞こえたことでしょう。

何度言っても、努力がない。

いつ頑張ることをするのか?

授業料、アパート代、生活費、電気代、水道代、ガス代、下水道代、携帯代、ネット回線料金などなど・・。

年間約350万円以上のお金が飛んでいる。

「朝食・・これだと100円かかるから、こっちにするよ。33円で済む!」

という毎日の努力を知っての行動か!

もう・・

もう、ダメだな・・。

努力ということをこいつは知らない。

ありがたさということを、こいつは・・。

 

そんな息子だが、恥ずかしながら可愛いものでる。

親ばかと言われても仕方ない。

 

最終通告3度目を告げる私。

ただし、今回は下の下の父も加わり、「本当の最終通告」という意識を持ったはずである。

 

そんな下の下おやじは、今月末に教授に会いに行く。たらーっ (汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*