遠方に住む親の元へ、急きょ行くことに。

49歳。

失業中。

そんな中の下改め、下の下おやじのお義父さんとお義母さんは、車で4時間ほど離れた他県で暮らしている。

そんなお義母さんは、「膠原病」に悩まされている。

体中が痛い。

夜も寝れない。

いつでも疲れた状態に陥っているそうです。

そんなお義母さんは、突然うつ状態になったり、自暴自棄になったりする。

近くに住む、義姉が普段面倒を見てくれているのだが、あまりお義母さんとお義姉さんは仲がよくない。

年に数回、義姉か、義父さんからHELPの連絡が入るの。

そのHELPが、三日前の夜でした。

無職ということもあり、お金はないが、時間に都合はつく。

翌日、お義母さんの元へ。

なぜか、私たちが行くと、お義母さんはいつも普通になる。

痛いとも言わず、自暴自棄にもならず、少し関節が痛いだけの普通の状態になる。

心配をかけまいと、必死なのかもしれない。

言うことを聞かないからと言われ、慌てて行ったはいいが、私たちの前では言うことを聞くお義母さん。

お義母さんの元を後にし、帰宅。

お義姉さんに電話をすると・・・

やはり、言うことを聞かないお義母さんに戻っているようである。

どうしよう・・。