足をケガした小鳥が、我が家の駐車場に・・


公開日時 : 2013年05月23日

足をケガした小鳥が、我が家の駐車場に・・

45歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの家の駐車場に、

足にケガをしているのか、びっこをひいた小鳥

二羽紛れ込んできた。

 

山が近いせいもあり、カラスの大群がいる。

世話好きなうちの父と母は、すぐさま救出を試みる。

 

一羽は、どうやら飛べる。

が、もう一羽は、全く飛べない・・。

少し見守ろうとすると、

親鳥が。

 

ここからが感動のお話。

 

鳥を襲うはずもない、うちの愛犬を出していたことをすっかり忘れていた・・。

すると、愛犬小鳥の間に、親鳥が割って入ってくるんです。

それも、自分は、弱っているかのような演技付きで。

うちの愛犬は、興味がないが、少し居場所を変えると、

親鳥は、すぐさま愛犬小鳥の間に。

その光景に、家族号泣。

 

愛犬を家に入れ、少し様子をうかがっていたが、

やはり飛べない。

仕方がない。カラスに襲われないようにカゴに入れ、外へ。

親鳥がエサをあげれるように、かごの底を上げて、親鳥のくちばしが届くように・・。

すると、親鳥がエサをせっせと運んでくる。

毛虫。毛虫。毛虫。

母は、ギャーギャー言いながらも喜んでいる。

 

足が治るまで、ちょっと観察。

関連記事

  1. ブラック企業?有給、公休、みなし残業!!
  2. 眼科のオヤジ
  3. 精神を崩壊しかねない三叉神経痛の痛み
  4. マツコの知らない世界 「サーモン」紅富士のしゃぶしゃぶ
  5. ガキの使いやあらへんで!で紹介された「世界のテーブルゲーム」
  6. 冷奴に合う「タレ」の作り方。
  7. 無愛想なおじさんと思いきや・・
  8. bitcoin(ビットコイン)?なんだそれ!
  9. たまご専門店 TAMAGOYA カフェ レストランの営業時間
  10. バナナスリムを使ってみた。