娘の手料理


娘の手料理

46歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじの娘は、

20歳で結婚。

結婚するまで、料理などしたことがなかった。

そんな娘も、結婚後、食事に手を抜くことなく

一生懸命料理の腕を磨き続けている。

しかしながら、

 

私の口に入ることは、ほぼ無い。

 

ほぼ。

というのは、

以前、娘が作った料理を、自画自賛しているので

「俺にも食わせろ!」

と言ったところ、

作ってきたことがあった。

 

1度。

 

もうすぐ結婚一年半。

 

その間、一度。

 

向かいに住んでいるのだが・・

 

一度きり。

 

家の食材は、メイン食材まで持って行ってしまうくせに、

 

いちどだけ。

 

そんな娘であるが、

昨晩仕事を終え、帰宅。

夕食の準備がしていない。

 

妻が、

「今日は、〇〇(娘)があんたにパスタ作ってくれるんだって。」

「今まで作った料理の中でも、絶品だったんだってさ。」

 

うれしい顔

 

帰宅後、10分ほどで、娘が家で作りたてのパスタを持ってきた。

 

絶品である。ハートたち (複数ハート)

激ウマである。ハートたち (複数ハート)

泣き顔

関連記事

  1. 冷奴に合う「タレ」の作り方。
  2. 無愛想なおじさんと思いきや・・
  3. bitcoin(ビットコイン)?なんだそれ!
  4. たまご専門店 TAMAGOYA カフェ レストランの営業時間
  5. バナナスリムを使ってみた。
  6. 息子財布盗まれる。
  7. 遠方に住む親の元へ、急きょ行くことに。
  8. 息子の留年確定。
  9. 退職前に行ったっきり、久しぶりのカニ。
  10. 中の下。最近のマイブームはhulu!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。