熱を薬で下げる。次は神経痛。ロキソニン登場。

中の下おやじ > 中の下オヤジの一言 > 熱を薬で下げる。次は神経痛。ロキソニン登場。

熱を薬で下げる。次は神経痛。ロキソニン登場。

47歳。中間管理職。

すべてにおいて、平均以下。

そんな中の下おやじは少し続いている熱を下げるため

薬を飲む。

毛布に包まって寝る。

汗をかく。

今朝、熱が下がった。

が・・なぜが右耳の下がピキンピキン痛い。

神経痛の痛みである。

神経痛に私が一番いいと思う市販の薬。

「ロキソニン」

飲む。

痛みとれる。

が・・

今度が胃。

強い薬を飲むと、いつも胃が・・

家に帰ったら、今度は胃薬である。

薬漬けである。

関連記事

  1. マツコの知らない世界 「サーモン」紅富士のしゃぶしゃぶ
  2. ガキの使いやあらへんで!で紹介された「世界のテーブルゲーム」
  3. 冷奴に合う「タレ」の作り方。
  4. 無愛想なおじさんと思いきや・・
  5. bitcoin(ビットコイン)?なんだそれ!
  6. たまご専門店 TAMAGOYA カフェ レストランの営業時間
  7. バナナスリムを使ってみた。
  8. 息子財布盗まれる。
  9. 遠方に住む親の元へ、急きょ行くことに。
  10. 息子の留年確定。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。